靴のトラブルSOS

雨に濡れてしまった!

天然皮革は雨が最大の敵! それでも水に濡れてしまった場合は、まず陰干しをして靴が充分乾いてから素材に応じたお手入れをしましょう。
日光や直火での乾燥は、革の硬化、ヒビ割れの原因になるので絶対に避けて!
雨の被害を最小限に抑えるために、履く前に防水スプレーをかけておきましょう。
雨の日は、晴れの日の30日に相当するくらい靴の寿命を縮めるので、くれぐれもご注意を。

靴擦れができた

大きいサイズの靴を履いていると、特にかかとの部分に靴擦れができることが…。 これは、摩擦の熱により足の皮膚が傷ついている状態。 靴擦れができたら、すみやかに流水で患部の熱を冷やして、消毒しましょう。ガーゼを当てる際は、患部に直接当たらないよう穴を開けて、さらにその上にガーゼを一枚かぶせて絆創膏で止めておきます。

※これは応急処置になりますので、患部が悪化したときは、すみやかに専門医の診療を受けてください

靴がゆるくなってきた

天然皮革の特徴のひとつに、「使っているうちになじんでくる」ということがあります。
履いているうちに革がなじんでサイズが大きくなってしまった場合は、購入したお店や靴修理店でサイズ調整してもらってください。

ダイアナの調整サービス

ダイアナ各店舗でも靴の調整を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

  • ※サイズ調整は、ダイアナ商品に限ります。
  • ※革を縮めることはできませんのでご了承ください。また、ブーツの筒が伸びてしまった場合の調整は承りかねます。
店舗を確認する